ふるさと納税、正しく控除されたか確認してみましょう!

FP

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーのみみずくです。

昨日、今年度最後のふるさと納税の返礼品が届きました。

ポテトチップスチョコレートはまじで美味しいです。

ROYCE’人気スイーツ詰め合わせ(A)

我が家のふるさと納税の定番は普段使いの食材が中心とちょっと贅沢して食べてみたいものになります。

・お米
・豚肉
・焼酎
・スイーツ

これが実質自己負担2,000円でいただけるのですからやらない手はない。

でも寄付金から2,000円引かれた分が銀行口座にキャッシュバックされる訳ではないので、実感が湧きづらいですよね。
初年度は現金が出るだけですが、翌年の住民税で控除されますので、その分を毎月口座からふるさと納税用財布に移し替えています。
これほんとに現金を封筒に入れているだけですけどね。

その現金を翌年のふるさと納税に使っています。
加えて、6月頃に自治体から配られる「住民税決定通知書」と同年の確定申告書を見て、
実際の控除額を確認することで「ああ、ちゃんと還付されている」という実感を感じています。

ワンストップ特例を使っている方は「住民決定通知書」の摘要欄をみればすぐわかりますが、
確定申告している場合はそうは行きません。

また、確定申告書の「還付される税金」欄を確認すれば良いのですが、医療費控除など他の申告も合わせていると合算になっているので正確な金がはわかりませんね。

ですのでちょっと面倒ですが以下の方法で確認しましょう。

①(ふるさと納税寄附金額 − 2000円)✕ 所得税率 ✕ 特別復興所得税(1.02)

② ①で算出した金額 + 住民決定通知書の摘要欄に記載している”寄付金控除” あるいは “税額控除額”を足します。

③ ②の合計額が、寄附金額から負担金の2,000円を差し引いた額であれば正しく控除されています。

ではまた!

よかったらポチッとしてください。
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村